HOME > Hi-Deのおすすめ > 立体感カット

Hi-Deのおすすめ - 立体感カット

立体感カット Hi-Deの特徴である立体感カット

このネーミングは某編集社の方に、名付けてもらいました。

「Hi-Deさんのカットは、カットだけで立体的になりますね」と言われ、それ以降、こう呼ばれています。
ドライカットが特徴なのですが、基本は、ウェットによるベースカットが50%、ドライした状態によるカットが50%で構成されます。

ウェットのカットは、サッスーンのカットをベースとし、日本人の骨格や髪質を考慮しバイアス(斜め)のスライスによるカット構成が特徴です。
(一般のお客様には、すこし難しい話ですが)

従来の横スライスでは重くなり、縦スライスでは全てのスタイルのカットを表現することは極めて難しいので、バイアススライスをベースとしています。

立体感カット そして、ドライカットはブラシによるブロー後ではなく、ハンドドライした状態で行います。

頭の骨格・髪質・毛流を見極め、ドライカット用シザー(鋏)で、マテリアルカットをしていきます。

  • ボリュームが出やすい箇所は抑え
  • ハリや高さが欲しい箇所は出し
  • クセが出やすい髪はクセをおさめる
ことが出来ます。


レザーやセニング(梳きバサミ)は使わず、シザーのみでカットすることが最大の特徴です。
(一部ショートスタイルのバックの毛量調整以外)

立体感カット Hi-Deのお客様は学芸大学駅周辺より遠くから通って頂くお客様が多く、銀座や表参道などを通り越してわざわざご来店頂いています。

これからも、技術やデザインをより磨き、お客様の期待に応えるべく精進していきたいと思っております。

Menu Style gallery

このページのトップへ